飼い犬や飼い猫の最期をメソメソ書くのは好きじゃありません

でも、自然な感情で文字を綴るのは悪い事じゃ無い・・・

そう思って、「 視点 」(私のHPの作品コーナーです)に

何度かアップしました

読み返せば恥ずかしくなる作品や

逆に、何度読み返しても涙で曇ることも(苦笑)

 

動物たちは言葉を発しませんから、嫌事は言わず

すべてありのまま受け入れます

そんなことが命の大切さや尊厳を教えてくれたのだ・・・

最近の事件を思うに付けますますその感を強くします

 

 

昨日のコメントにも書きましたが

人に限らず、生き物が死出の旅路に出る前

思いがけないほど元気になることがあります

それは何日かであったり数分であったり・・・様々ですが

事故で一瞬に命を奪われるのはどうしようもありませんが

思いの丈を語る・・・このことは現実にあるそうです

 

今日のCiroも、もしかしたらそんな状態かも知れません

 

実は今日の散歩、行きは彼自分で歩いたんです!

エッ?!ってビックリしました

自分の行きたい方向に、行きたいだけ・・・

ただし、私が帰りに抱いて帰られる距離にしてもらいましたが^_^;

 

ご飯というか、豚肉を炊いてしゃぶしゃぶ状態で

口に持って行くと、食べた!! 

おっ!! すごいじゃん

 

でも、決して回復した訳ではないのです

昨日からは水様便ですし、水以外はジャーキーとお肉だけ

3回のトイレタイムも、彼が鳴けば増えます

お昼は倉庫はエアコン入ってます(笑)

 

舗装道路は歩けますが(何とか)

彼自身が入りたい原っぱや畑(休耕田)は、

土が軟らかすぎて倒れてしまいます

何度か起こしてやって用を足し、帰りは抱っこ

 

でも、これがCiroと私の絆なんでしょうね

もう、元に戻ることは無いでしょうけれど

少しでも長く一緒にいられるよう頑張ります

 

 

コメント

marimari

またまた泣けてくる(ノд・。) グスン
でもCiroちゃん...しあわせだね。・゚゚・(´O`;)・゚゚・エーン!!

cat-korokoro

★marimariさん

アッハハ まだ、泣かないでくださいませ
Ciroも私も頑張ってます

命の限りまで、寄り添って共に歩きますからね

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メール
URL
コメント
閲覧制限