さすが、真夜中三時は・・・

ん?寝るの早いから大丈夫かも(^^ゞ

でもね、直接見るのは止します。

私が視ると負けるかも・・・だいたいそうなんですよね(笑)

 

特にって訳じゃありませんが、色々騒動があってもここまで頑張った彼らに

ちょっと褒めてあげたい気がするのです。

まぁ、勝ち負けは世の常。今は神のみぞ知るです。

 

昨夕は、いつまでも明るかったですね。

7時半になってやっと夕方かなって(笑)

一番日中が長い日ですよね。

夕方のワン散が済んで、草抜きひと作業できました。

ただし、これは永遠に終わらないループ作業です。

真冬だけ、少しお休み・・・

 

実際のところ・・・特に何もしていないのが現実です。

ただ、都会のような大パニックはこの片田舎では無いかも(^0^;)

 

亡き夫は消防吏員でしたけれど、その前は大●ガスの修理に勤務していました。

彼は商業科卒なのですが、それは多分選択肢が無かったからだと思います。

元々貧乏人?だったので中卒後就職するつもりだったのです=大工

家が建てたかったのね・・・(笑)

 

私の足、私のバス・・・そう形容しても良いような軽四。

修理に出て約2週間、やっとこさ傷も癒えて帰ってきました。

お疲れ様、思わず車に声かけ(笑)

本当にまともなご主人様じゃ無いよね、ごめんm(_ _)m

洗車はしない、もちろん掃除もしない・・・

良いとこ無しの亭主関白みたいなところに嫁いじゃったね。

本当にごめん、でも飲酒運転だけは絶対無いからね(^_-)-☆